デジタルプラットフォームについてのご意見 0件

アイデア募集は終了いたしました。たくさんのご意見、ありがとうございました。
アイデア募集期間: 2022年7月22日から 2022年8月16日15時まで
 2020年の加古川市の「Decidim(デシディム)」導入以降、省庁や各自治体でデジタルプラットフォームが活用され始め、各種基本計画案、次年度予算での新規事業の提案、新たに完成する施設の愛称等、様々な場面で活用され始めています。
 デジタルプラットフォームの活用方法や、横浜市が実証実験を行っている「横浜市アイデアボックス」について、提案や意見等を教えてください。

○アイデアボックスの特長(株式会社自動処理ウェブページ)
    https://ideabox.automation.jp/

注)今回の実証実験は、市民の皆様の声を聴く新たな広聴ツールとしての可能性を検討する
ために実施しています。お寄せいただいたアイデアについては、今後事業を行っていく際の参考とさせていただくことがあります。
表示件数

【主催】

 横浜市市民局広聴相談課

 〒231-0005 横浜市中区本町6丁目50番地の10 12階 

【開発運用サポート】

 株式会社自動処理

 

【当サイトに関するお問合せ】

 電話:045-671-2333

 メール:[email protected]

【システムの不具合や機能要望に関するお問合せ】

 サポートアイデアボックス 

トップページ
Loading…